文字サイズ変更
トピックス

ホーム > トピックス > 2004向陽高校体験実験開催レポート

2004向陽高校体験実験開催レポート

概要

名古屋工業大学環境材料工学科と名古屋市立向陽高等学校が主催する2004年度出張実験・体験講座「マテリアル工学のおもしろさを知ってみよう」が、澄みきった青空の下、7月6・14日の両日に開催されました。
両日のプログラムを以下にご紹介します。

プログラム

出張実験

日時 7月6日(火)14:40~16:10
場所 向陽高校
タイムテーブル 14:40 ガイダンス
14:50 講義と実験1 熱はどうやって伝わるのか
15:10 講義と実験2 金属の強さのひみつを探る
15:30 講義と実験3 記憶する金属 ~形状記憶合金~
15:50 講義と実験4 蛍光ガラス
16:10 Q&Aなど

体験講座

日時 7月14日(水)15:30~17:00
場所 名古屋工業大学
タイムテーブル 15:30 環境材料工学科イントロダクション
15:50 実験テーマ
  1. 水素を吸う金属 ~水素吸蔵合金~
  2. 金属のミクロ組織を覗いてみよう
  3. セラミックスってこんなに強い!
  4. 超音波の不思議
17:00 Q&Aなど

参加者の感想など

これらは講義と実験を通じて魅力ある工学の世界を高校生にも知ってもらおうと企画されたもので、昨年に引き続き2回目の開催になりました。
日ごろ、大学の先生は難解な学問をしているカタい人だと思っていた生徒が多く、はじめは緊張していた様子でした。
しかし、プログラムが進行するとともに、実は生活に身近な研究もしていて、親しみやすい存在であると気づいてもらえたようです。
多くの生徒が目を輝かせて講義に聞き入り、そして実験を楽しんでいた様子で、実施アンケートによると、「とても面白かった」、「機会があればもう一度参加したい」「材料の機能に驚いた」「工学部の存在が身近になった」「大学の研究設備はすごい」などの率直な感想が多数寄せられました。

実験・体験風景

アルミニウムや銅線など、材料の熱伝導度を体感

温度変化で動く形状記憶合金にビックリ

熱処理によって変化する材料組織についての講義

超硬合金の刃で削れないセラミックスの硬さに驚き


  • 環境材料工学科ってどんな学科?
  • eマテリアル
  • 入試情報
  • 先輩からのメッセージ
  • 名古屋工業大学公式サイト
  • 学内情報